次回から「かみちゃんLife」で検索していただけると嬉しいです

ブルーベリー養液栽培|かんたん栽培キットをはじめていきます

[say name=”かみちゃん” img=”https://moja-base.com/wp-content/uploads/icon/k001.png”]こんにちは!かみちゃん@KMCN77)です。[/say]

アンマズハウスさんにお願いした『かんたん栽培キット』が全て届きました。

20ポット

いつの間にか集まったブルーベリーの苗を全て養液栽培で育てていきます。
(現在、苗の数はまた増えました)

全ては美味しいブルーベリーを食べたい!だけです。

アクアフォームに植え付ける前の準備

養液栽培を始めるには土に植えてあるブルーベリーの苗をアクアフォームに植え替えないといけません。

植え替える前の苗

ポットから取り出した苗です。

土の部分(根)がむき出しです。
(ブルーベリーの根は乾燥に弱く、すぐに枯れていくため、本当はこんな悠長に写真を撮っていてはダメです)

ここから土を取り除き、根をほぐしていきます。

土を取り除きます

ホースの水をジェット仕様にして水流で土を吹き飛ばしていきます。

高圧洗浄で有名なケルヒャーでしたらどうなるのだろう?とか考えながらひたすら水を当てていました。

自分に被害が及ばないように遠くから狙います。
(調子に乗って近くで苗の土に水をかけたら、顔中が泥だらけになりました。その反省を踏まえた知恵です)

ひたすら土を取り除く

土が吹き飛ぶと茎との境目にキレイな根が出てきました。

この調子で根の周囲の土を吹き飛ばします。

土を取り去った根

細かい根がびっしり!!

茶色の根がとてもキレイです。
(実際は乾燥しながら根は死んでいっています。。。)

根の向こう側の水たまりは、苗の土を取るためにどのていど水の量が必要だったかを物語っています。

あまり良くない苗とは?

細かい根が少ない。

品種:ヒトミ

品種名が「ヒトミ」です。
(記念すべき我が家第一号のブルーベリーです)

あまりホームセンターではみかけない品種の「ヒトミ」をインターネットでたまたま見つけ、購入しました。

なので、自宅に届いてからずっと僕は「ヒトミちゃん」、「ヒトミちゃん」と可愛がり、妻から呆れ顔でずっとみられるぐらい強い思いで育てていた品種です。

ただし、こちらは細かい根が全く無い。

なぜか?

この2本(もう一本の品種はオニール)は購入した後に地植えをしていました。その後、地植えした場所が都合が悪く、植え替えをし、その場所も都合が悪くなったため鉢植えに移し、、、と木に愛情ではなく負担しかかけていなかったからです。(地植えする時は計画的にしましょう)

ブルーベリーの根は細かく、その細かい根が土の中の水分や栄養分を吸収していきます。

なので、この苗達はイエロカード、いやレッドカードに近い状態と思います。

ですが、あえてこれらの苗も養液栽培を行っていきます。

このまま枯れてしまうのか、それとも少しずつでも復活するのか、研究していきます!

体験に勝る勉強はない、と信じています。

自分の中ではブルーベリー研究所と思いながら、ブルーベリーを育てていくつもりです。

植えた後に行うことは

植えたい本数をアンマズハウスさんに伝え、『かんたん栽培キット』で行いたいこともお伝えすると必要な資材は全て考えてくださり、見積もりをあげてくださり、購入できます。

植え方や養液栽培のシステムの組み方などは説明書もついてきます。

説明書を読んでもわからない場合は質問にも答えてくれます。とても親切です。

説明書と質問に答えてもらいながら、僕も『かんたん栽培キット』のシステムを完成させることができました。

20ポット植えました

20ポット、全ての苗の植え替えが終わりました。

自宅の庭に並べていますが、ちょっと圧巻です。

はじめての経験だったので植え替えるのに1.5日、養液を流すシステムを組むのに1.5日かかりました。

もちろん途中途中で妻に助けてもらっています。

心臓部

『かんたん栽培キット』『養液栽培』の心臓部です。

ポリバケツの中に養液と養液を各々の苗に送るためのポンプが入っています。

まとめ

アンマズハウスさんの『かんたん栽培キット』についてまとめます。

[box class=”box31″ title=”『かんたん栽培キット』まとめ”]

  • 植えたい苗の本数を伝えたら後は自動的に必要なものが送られてきます
  • 説明書あり
  • 疑問点は答えてくれるので安心[/box]

[say name=”かみちゃん” img=”https://moja-base.com/wp-content/uploads/icon/k001.png”]僕でわかることがありましたらお答えしますので、コメントもしくはお問い合わせからお気軽に連絡してください。[/say]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です