ブルーベリー養液栽培|将来良い木にするための花芽のとり方

かみちゃん

こんにちは!かみちゃんです(@KMCN77)です。

従来の土を用いた(土はもちろんピートモス)鉢栽培から『かんたん栽培キット』にブルーベリー栽培を切り替えました。

土の代わりには『アクアフォーム』を使っています。

これから春にかけて苗を大きくし、今年は難しいですけど来年にはたくさんの実をつけるように育てていく予定です。

ブルーベリーはこの時期(1月頃)から春にかけて花芽と葉芽をつけます。

花芽

プクッと先端で膨れているのが花芽です。

花芽

花芽は成長すると花になり、花からブルーベリーの実へと成長します。

美味しいブルーベリーの実がたくさんなってほしいのですけど、まだ今年の夏になってもらっては困ります。

困りますというより、早すぎます!

MEMO
木が小さい時に実がつくと、実に栄養がいき木の成長が遅れるため

来年、甘くて大きい極上のブルーベリーの実を食べるために、今年は木の成長に専念しなくてはいけません。

なので

プチッと花芽を取りました。

ブルーベリーの師匠に

「(花芽の)取り方は指で取ったらいいのですよ」

「花芽は全部取ってください」

教え通りに全ての花芽(赤矢印)を取りました(もしかしたら取り残しはあるかも)

写真の一番上から

今回もブルーベリーの育て方を学ぶことができました。

アクアフォーム アクアフォームまとめ|ブルーベリー養液栽培におすすめ
プッシュ通知を

コメントを残す