次回から『かみちゃんLife』とご検索くださいませ

ブルーベリー養液栽培|アクアフォームの弱点を克服 その1

かみちゃん

こんにちは!かみちゃんです(@KMCN77)です。

かんたん栽培キットでブルーベリーの養液栽培をしています。


ブルーベリーを育てている『かんたん栽培キット』でとても大切なアクアフォーム。

唯一の弱点が『軽いがゆえに飛びまくる』

アクアフォーム自体は無害ですけど、緑色の物体がバラバラと飛んでいると印象はそれほど良くありません。

風が吹くと桶ではなく、アクアフォームがやはり飛ぶので掃除をする必要が出てきます。

ブルーベリー養液栽培|アクアフォームのデメリット

なるべく掃除をしなくてすむ方法が必要です。

弱点克服にはマルチング

畑や鉢栽培の土にマルチングをしてやると良いことがあります。

マルチングをすることで土の乾燥を防ぐ、雑草を防ぐ、病害虫から樹を守る、などなどの効果があります。

マルチングとは
畑や鉢の土の上に紙やプラスチックなどを敷いて覆うこと

マルチングが重りとなってアクアフォームの飛散が防げそうです。

でも、どのようなものでマルチングしてやればいいのか??

ブルーベリー栽培のマルチング
  • パーク堆肥(一番安い)
  • 針葉樹チップ(針葉樹の樹皮を細かく砕いたもの)
  • ココヤシチップ(別名ハスクチップ)

園芸店で売っている茶色の塊も「バークチップ」ですが、これはダメみたい。

(理由がわかったらまた書き直します)

調べてみると針葉樹チップココヤシチップが良いみたいです。

これらを厚く敷いてやることでブルーベリーの天敵『コガネムシ』からブルーベリーの樹を守ることもできるみたいです。

バーク堆肥は安いけど、ベタつきそうだから却下。
(見た目が安っぽいのも却下の理由)

ここまできて、また問題が発生!

実は針葉樹チップもココヤシチップも実物はみたことありません。

いつものようにネットで検索し、出てきた画像を元にイメージを膨らませます。

結果、ココヤシチップを購入することにしました。

マルチングの選択

バーク堆肥は見た目とべたつきそうなので却下。

針葉樹チップは白っぽいのがどうもピンとこなかったので却下。

僕の好きなハワイや南国をイメージさせてくれるココヤシチップを採用しました。

アクアフォームアクアフォームまとめ|ブルーベリー養液栽培におすすめ

コメントを残す