色々な感情との付き合い方|喜怒哀楽・基本的な6つの感情

かみちゃん

こんにちは!かみちゃんです(@KMCN77)です。

人はなぜ笑うことや楽しいことが好きで、悲しいことや泣けるようなことを避けたくなるのでしょうか?

草刈りをしながらふとこんなことを考えていました。


突然ですが『喜怒哀楽』という言葉はご存知ですか??

人の4つの感情を喜び、怒り、哀しみ、楽しみと分け4文字熟語のように表現している言葉です。

この4つの中でも喜びや楽しみの気持ちを抱くのは嬉しい、抱きたいと思う人は多いはず。

でも、哀しみや怒りの気持ちを抱くのは嫌、抱きたくないと思う人が多いはずです。

プラスの感情は良くてマイナスの感情は嫌。

気持ちとしてはわかるのですが、わからない点もあります。

何がわからないか、わかりますか??

 

『喜怒哀楽』って、感情という視点でみたら同じ平面に乗っているものですよね。

わかりにくいかもしれないので、頭の中で白い紙をイメージして下さい。

上に「喜び」、下に「怒り」、右に「楽しみ」、左に「哀しみ」と書き込んでみて下さい。
(適当に反するものかな?というのを逆側に置いてみました。特に大きな意味はありません)

白い紙(=感情という平面)を上から見たら、どの文字(4つの感情)も同じ平面上に存在しているものです。

感情は他にも基本的な6つの感情という考えもあります。6つとは「怒り・嫌悪・恐怖・喜び・悲しみ・驚き」です。

同じようにこの6つを白い紙の好きな位置に書いてみて下さい。

やっぱり同じ平面上に存在している「感情」です。

なので、プラスの気持ちは抱きたいけど、マイナスの気持ちは抱きたくないっていうのはよくわからないな〜ということです。

その人の頭の中に生じてしまう感情だから、抱きたくない、生じてほしくないというのは難しいでしょうと思っています。

このようなことを考えるから、きっと僕は飄飄(ひょうひょう)としているとか、冷たそうとか言われるのでしょうけど。。。

どの感情も平等なんじゃないかな〜、というのが結論です。

僕はどの感情も同じように良いものと思っています。


草刈りをしながら、色々な雑草があるけど、結局は雑草だな〜と思いながら思いついたことです。

プッシュ通知を

コメントを残す