庭木|紅葉(もみじ)|真っ赤な幹が特徴のモミジにしました

[say name=”かみちゃん” img=”https://moja-base.com/wp-content/uploads/icon/k001.png”]こんにちは!かみちゃんです(@kamichan78)です。[/say]

今回は庭木です。

ウメ(今は抜きました)やレモンが庭で育っており、春、夏は楽しめるけど、秋や冬に楽しめる植物があってもいいのではないかと考え、『モミジ』を選びました。

モミジにも色々な種類があるのですね。こういう機会がないとモミジの種類を調べることもしませんよね。

調べてみると、ヒカサヤマとサンゴカクという種類がオススメみたいでした。

ヒカサヤマ(日笠山)

  • 葉の色が紅葉まで変化が楽しめる(季節ごとの葉色を楽しむ)
  • 木の高さは3〜5m
サンゴカク(珊瑚閣)

  • 幹が真っ赤
  • 葉が落ちた後(冬)も真っ赤な枝を楽しめる
  • 木の高さは3〜5m

maple

珊瑚閣(サンゴカク)にしました。秋だけではなく、冬も楽しみたいですしね。(写真には今はもう雑草が生い茂っている『朝鮮人参(袋栽培)』と地植えしたけど全く成長していない『晩白柚』です)

maple

庭に穴を掘り、周囲の土はフカフカにしました。

maple

苗の周辺に少し水がたまるようにスペースをもうけています。

maple

支柱を立て、水をまいて完成です。

こじんまりとしていますけど、真っ赤な幹の存在感は抜群です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる