農業を仕事にしたい人

読者の悩み

・農業を仕事にしたいけど、土いじり、虫が苦手で…

こういった悩みに答えます。

非農家から農家に転身。
プロのブルーベリー農家になりました。
ブルーベリー養液栽培で育てたブルーベリーで、ブルーベリー観光農園事業も行ってます。

2021年にブルーベリー狩り観光農園を立ち上げ、Webマーケティングを得意としてます。リアルビジネス、ネットビジネスを両立させてます。

特技は心理学

SNSはYouTubeやTwitterをしてます(@KMCN77)
(良ければフォローお願いします)

「農業=土いじり、きつい、汚い」。こんなイメージが定着しちゃってますよね。

でも、農業ってもっと幅広くて、楽しい分野であることを知って欲しくて、この記事を書きました。

目次

農業といっても色々な仕事があります。

農業には『耕種農業』『畜産農業』『農業ビジネス』の3種類に大きく分けることができます。

農業は3つに分けられる
  • 耕種農業
  • 畜産農業
  • 農業ビジネス

一般的な農業のイメージは『耕種農業』と『畜産農業』です。『耕種農業』、『畜産農業』は自然の中で農畜産物を育てる仕事です。

一方『農業ビジネス(アグリビジネスとも言われます)』は農業に関わる仕事の総称で、様々なものがあります。

『農業ビジネス』は耕種農業、畜産農業の生産者が使用する農業資材、農業で作られた生産物を流通や販売したり、種苗メーカーの仕事などなど、農業に関わるものならなんでも、といったイメージです。

耕種農業について

耕したり、種を植えたりする農業のことです。

お米、穀物類、野菜類、果樹類、花などの植物を栽培する業種を意味します。きのこ類、工芸農作物(葉たばこ、生茶)、飼肥料用作物の栽培も含まれます。多くの人がイメージする農業がここに含まれます。

僕はブルーベリー栽培、野菜などを作っているので、『耕種農業』をしていると言えますね。美味しいブルーベリーができた時は最高ですよ!

畜産農業について

畜産と聞けば、牛・豚・ニワトリが一般的ですよね。しかし実は、馬、いのしし、羊、鴨なども含まれます。家畜を飼育、肥育、ふ卵するものを意味します。養蚕、養蜂、毛皮獣、実験用の動物の飼育もここに含まれます。

耕種農業が植物なら、畜産農業は動物、昆虫ということですね。

僕はブルーベリー栽培だけでなく、ニホンミツバチの養蜂もしているので、畜産農業もしているといいたいところですが、ニホンミツバチはハチミツの量が安定してとれません。ですので、畜産といえないレベルなんですよね。畜産といった事業展開をしたいならセイヨウミツバチのほうが良いです。

でも、ニホンミツバチって見ているだけで癒やされる存在ですね。

農業ビジネスについて

ここはある意味なんでもある分野です。

農業ビジネス(別名;アグリビジネス)は農業に関係するもの全般の総称的なものを意味してます。実は大学にもアグリビジネス学部、アグリビジネス学科もあります。

農業に関するビジネス全般なので、金融も流通も製造もここに含まれてきます。

色々含まれる農業ビジネスですが、耕種農業・畜産農業の生産者を支援する仕事、生産物を消費者に届ける流通・販売の仕事が大きいです。

いわゆるドローンを使ったスマート農業もここに含まれます。

農業ビジネスの代表例
  • スマート農業
  • 農業資材関係
  • 種苗・育苗関係
  • 流通・販売関係

土いじりが苦手、虫が苦手という方で、でも農業がしたいっていう方はこの分野がいいかも。

ドローンなどのデバイスを活用したり、SNSも含めたネットマーケティングを活用することで農業界を盛り上げることができます。

生産物を作るだけでは事業は成り立ちませんから

まとめ|僕の農業スタイル【体験談】

農業といっても本当に幅広く、様々な方々が関わっています。ですので、土をいじること、虫が苦手でも自分にあったモノが必ずあります。そういうものが見つかるといいなって思います。

ちなみに僕がしている農業スタイルは6次産業です。

6次産業について

1次産業(農林漁業)×2次産業(加工)×3次産業(流通・販売)=6次産業

1次、2次、3次を行っていくのが6次産業です

ブルーベリーを生産して、ジャムなどの加工品(今は委託してます)、直売所、ネットなどで販売をしてます。色々することがあって大変ですが、自分が自信を持って作ったものを自分がお客さんのもとへ届けるように考えていくのはとても楽しいです。自分の手元からお客さんの元へと流れをどのように作っていくか、いつも工夫し考えてます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる