【まとめ】ブルーベリー養液(水耕)栽培に使う粒状アクアフォーム

読者の悩み

・アクアフォームについてもっと知りたい

こういった悩みに答えます。

ブルーベリー養液栽培で愛用している「粒状アクアフォーム(以下アクアフォーム)」についてまとめてみました。

非農家から農家に転身。
プロのブルーベリー農家になりました。
ブルーベリー養液栽培で育てたブルーベリーで、ブルーベリー観光農園事業も行ってます。

2021年にブルーベリー狩り観光農園を立ち上げ、Webマーケティングを得意としてます。リアルビジネス、ネットビジネスを両立させてます。

特技は心理学

SNSはYouTubeやTwitterをしてます(@KMCN77)
(良ければフォローお願いします)

目次

ブルーベリー養液栽培にアクアフォームを使う理由

  • ブルーベリー栽培の手間が軽減できる
  • ブルーベリーの成長のメリットが大きい

一般的な土で育てるポット栽培では、2,3年に1回は植え替えなければなりません。ですが、アクアフォームは半永久的に使用ができるために10年以上植え替える必要がありません。

これはブルーベリー狩り観光農園をしていく上で労力の軽減に繋がります。

アクアフォームの持っている機能は理想的な土に近い機能を持っています。そのため、養液栽培とアクアフォームを組み合わせることでブルーベリーの成長が目に見えて違ってきます。

アクアフォームの問題点

『重さ』と『大きさ』です。

一見、軽くて細かいアクアフォームはブルーベリー養液栽培をしていく上でメリットじゃないかって思うと思いますが、そこには落とし穴がありました。アクアフォームを使って植物の栽培をしていくなら知っておいてもらった方がいい知識です。

アクアフォームの問題を解決

アクアフォームの良い点でもあり、悪い点でもある『重さ』と『大きさ』を解決する方法をまとめてます。

水を使うのと先に場所を決めておく、この2点に気をつければアクアフォームの使いこなしはばっちりですね。

アクアフォームの安全性

僕も含めて全国で多くのブルーベリー養液栽培でブルーベリーを育てている農家が「アクアフォーム」を使ってます。

これだけでもアクアフォームは安全といってもいいと思いますが、アクアフォームの素材を調べてみると安全性がもっと理解できます。

僕はアンマズハウスさんから購入してます

楽天にも売られてました。

アクアフォームの耐久性

アクアフォームの耐久性についてしっかりとしたデータはありませんが、10年は大丈夫です。

なぜなら、10年以上も前からブルーベリー養液栽培をしているブルーベリー狩り観光農園があるからです。実際、10年以上前に植え付けたブルーベリーの苗は、今は大木となり元気で美味しい実を毎年つけてくれています。

アクアフォームの失敗談

アクアフォームは軽くて、持ち運びが楽で素晴らしい、と僕は思ってました。

ですが、水を吸うとアクアフォームは豹変します。そして、軽いけど場所を取ります。特に自宅でアクアフォームを使う人はちょうどいい量の購入をオススメします。

自宅のブルーベリー養液栽培でアクアフォームを使う

自宅の庭で「かんたんキット」をしていた時の写真

プロのブルーベリー養液栽培農家が使用している「アクアフォーム」を自宅でも使うことができます。

僕自身もプロのブルーベリー農家になる前は、自宅で「かんたんキット」を使いブルーベリー養液栽培をしてました。

かんたんキットとは

プロが使うブルーベリー養液栽培のシステムを個人向けに簡略化したもの

「かんたんキット」は、アンマズハウス(ブルーベリーにかける情熱と夢 養液栽培(水耕栽培)システム)さんで購入できます。

アンマズハウスさんは、本来企業向けに養液栽培のシステムを提供している会社です。

ですが、ブルーベリーで世界征服を!と、とても熱意のある会社で個人に向けてもブルーベリー栽培を応援してくれる会社でもあり、ブルーベリー栽培の指導もしてくれます。

アクアフォームの関連動画

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる