Kindle unlimitedを1年間使ってみた感想|読書嫌いな人には最高です

[st-kaiwa2]

  • 読書(活字)嫌いなんだよね
  • 雑誌やマンガは時々読むけどね
  • でも、読書ってしたほうがいいのでしょ?

[/st-kaiwa2]

 

こういう考えの人いますよね。僕も読書は嫌いでした。どちらかというとマンガ派。

 

しかし、読書嫌いな人にこそ、Kindle Unlimitedをおすすめしてます。

 

実際、Kindle Unlimitedを1年間以上使用している僕がKindle Unlimitedの感想、メリット・デメリットも含めて記事にしたいと思います。

 

目次

Kindle Unlimitedは読書が嫌いな人にこそおすすめ

Kindle unlimitedを1年間使ってみた感想|読書嫌いな人には最高です

 

読書嫌いな人の傾向

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • ちゃんと活字を読まないといけない
  • どんな本を読んでいいのかわからない

[/st-mybox]

 

Kindle Unlimitedって一言でいうと、会員制の本屋、もしくは図書館みたいなものです。

 

Kindle Unlimitedは活字の本だけではなくマンガ、雑誌など幅広いジャンルの本があります。

 

読書嫌いな人ほど、文学や活字の本を読んで、教養や情報を得なくてはいけない、と思っていることが多いのですけど、今の時代はマンガや雑誌からも教養や情報を得ることができます。

 

もっと言ってしまうと、教養系、文学系の本がマンガにリメイクされていたりもしますからね。

有名な古事記もKindle Unlimitedに入ってます。

 

それに、本屋に行ったことがある方ならわかると思いますが、マンガや雑誌を探している時にちらっとビジネス系、文学系の表紙が目に入り、立ち読みしたことありませんか。

 

そこからその本が好きにあるパターンもありますよね。

 

Kindle Unlimitedは家で立ち読みができるのですね。

 

気になって目に飛び込んできた本を家の中でペラペラ見ることができます。

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • ちゃんと活字を読まないといけない →マンガでOK
  • どんな本を読んでいいのかわからない →立ち読みできるから好きなのを読んだらOK

[/st-mybox]

 

Kindle Unlimitedとは

[st-mybox title=”参考” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • Amazonのサービス
  • 月額980円でKindle本が読み放題になるサービス
    (現在は、通常なら1ヶ月980円、3ヶ月で2,940円となるところ、最初の3ヶ月を199円で利用できるキャンペーン中
  • 和書12万冊、洋書120万冊という莫大な蔵書数
[/st-mybox]

[st-mybutton url=”https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/signup?tag=ai510-22″ title=”「kindle unlimited」 無料体験” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

[st-mybox title=”キャンペーン使用の注意” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#ef5350″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

初回30日間無料体験終了後、自動的に会員登録されます。その後は通常の月額980円となります。そのため、継続使用をしない場合は30日間経過前にアカウント管理画面から「メンバーシップを終了」を選択し、自動更新しない設定に変更してください。
解約方法はこちら

[/st-mybox]

 

Kindle Unlimitedは読み放題ですが「読み放題対象」の本のみが読めます。ここは気をつけてください。

 

とはいっても、和書12万冊なので田舎住まいの僕にはありがたいぐらいの本です。

 

読みたい本が「読み放題対象」なのかを調べる方法

 

Amazonのサイトで読みたい本を検索します。

 

 

調べた本が画像のように「kindle unlimited」と書かれていたら読み放題対象の本とわかります。

 

雑誌はバックナンバーも読み放題対象となっていることが多いので、好きな雑誌が「読み放題対象」になっていたらとてもラッキーです!

 

 

こちらの3冊も「読み放題対象」とわかります。

 

Kindle Unlimitedのメリット・デメリットについて

Kindle unlimitedを1年間使ってみた感想|読書嫌いな人には最高です

 

Kindle Unlimitedのメリット

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 元は1日でとれる
  • ジャンルが豊富過ぎる

[/st-mybox]

 

・元は1日でとれる

 

Kindle Unlimitedの月額は980円

 

正直、1日もかかりません。読むのが早い人なら雑誌を数冊読んだらそれだけで元がとれちゃいます。

 

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 漫画:3~4冊
  • 雑誌:2冊
  • ビジネス書:1冊
  • 小説:2冊

[/st-mybox]

 

これで980円以上はかかりますよね。

 

好きな雑誌+バックナンバーで、簡単に元がとれます。

 

それにKindle Unlimitedは家族で共有もできるため、家族共有にしたらめちゃめちゃお得です。

 

・ジャンルが幅広すぎる

 

文学書、小説、ビジネス書、マンガ、雑誌、写真集など本と名のつくものなら「読み放題対象」となっていることがあります。

 

近くの本屋より本の種類は多いので、僕は暇な時に立ち読み感覚で表紙をみてることが多いです。

 

立ち読み感覚で様々な本の中身を見ることができるため、今まで興味のなかったジャンルの本や著者などの本にも触れることができます。

 

自分自身の興味や可能性の枠を広げることができますよね。

 

Kindle Unlimitedのデメリット

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 10冊までしか一時保存できない
  • 個人出版の電子書籍には当たり外れがある

[/st-mybox]

 

・10冊までしか一時保存できない

 

Kindle Unlimitedは読み放題なのですが、購入して手元に置くというよりは図書館で本を借りるイメージです。

 

なので、自分の本棚に入れることができるのは10冊までと制限があります。

 

図書館で10冊までしか借りられないというイメージですね。

 

読みたい本がたくさんあり、これもあれもとなるとすぐに10冊になってしまいますけど、返却すればどんどん新しい本を借りることができますし、同じ本を後から何度でも借りることができます。

 

それに同時に10冊も読まないので使ってみた感想としてはそれほど不便さは感じませんでした。

 

・ジャンルが幅広すぎる

 

ジャンルが幅広すぎるのはメリットにもなるし、デメリットにもなります。

 

実は、Kindle Unlimitedには個人が出版している電子書籍も含まれてます。

 

良質な個人出版の本もあるのですが、逆もまた然り。。。

 

まぁ、そういう時はガッカリするのですが、返却すればいいので問題はないです。

 

Kindle Unlimitedの評判

ポジティブな評判

ネガティブな評判

Kindle Unlimitedの入会・解約方法

Kindle unlimitedを1年間使ってみた感想|読書嫌いな人には最高です

入会方法

入会はこちらからできます。

 

Kindle unlimitedを1年間使ってみた感想|読書嫌いな人には最高です

「30日間無料体験」を選択します。

 

1ヶ月じゃ使い勝手がわからない、3ヶ月ぐらいは使用したいという方は3ヶ月キャンペーンプランを選んでみてください。
(3ヶ月使うなら、コスパはとても良いです)

解約方法

Kindleアンリミテッドの解約はこちらのページに行きます。

 

「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックし、「メンバーシップを終了」を選べば、契約は終了し、その後の月額も発生しないので安心です。

 

損しないために無料体験やキャンペーン期間を狙おう

Kindle unlimitedを1年間使ってみた感想|読書嫌いな人には最高です

 

「ちょっとKindle Unlimitedいいかも」と思っても、登録して損したら嫌だなって思いますよね。

 

僕は何種類かの雑誌を毎月読むので、「登録して損した」とは全く思っていません。

 

正直、何冊か読めば980円以上の価値はあるのですが、それよりも無料体験だけでもしてみるのはおすすめです。

 

Kindle Unlimitedは「初回30日間の無料体験」がありますし、嫌だったら止めたら良いだけですしね。

 

もちろん解約すればお金は一切かかりません。

 

経験だけがもらえるので、無料体験はおすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる